敏感肌の顔を保湿するときに気を付けること

敏感肌とは一体どんなことを指すのでしょうか?
たった少しでの刺激を与えても、ヒリヒリしたり、通常の化粧水をつけると染みたりするお肌のことを敏感肌と呼びます。
また乾燥肌が敏感肌に傾いてしまうことも多いんですよ。
そんな敏感肌の顔の保湿にはどのような点を気を付けたら良いのでしょうか。

 

敏感肌は水分油分、共に少なく、角質層のキメも乱れ、肌バリア機能も低下している状態です。
少しの変化も感じやすくなり、外部刺激からも非常に弱い状態になります。
顔の保湿をしようと思っても、そのクリーム選びでも、お肌の水分や油分を補いつつ、お肌を保護してくれる、敏感肌用のクリームを選ぶようにしましょう。

 

まず顔の保湿をしたい敏感肌の女性は、クリームの成分に何が使われているかチェックする必要がありますね。
保湿成分と言っても色々な種類があります。
セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやリピジュアなど保湿成分が沢山あります。
しかしその中でも敏感肌の場合、自分のお肌に合わない成分が配合されていないかをチェックする必要があるのです。

 

オーガニックコスメやナチュラルコスメと聞くと、イメージ的に敏感肌にも優しいと考えがちですが、オーガニックやナチュラルコスメが必ずしも敏感肌の顔の保湿に適しているとは限りません。
どんな化粧品でもお肌に合う合わないと言うものがあります。
オーガニックコスメを使いたいと思っても、必ずパッチテストはしたほうが良いです。
敏感肌の顔の保湿におすすめなのが、ヒト型セラミドという保湿成分です。
セラミドは肌バリア機能の80パーセントを占めている成分ですから、高保湿なのが特徴です。
敏感肌に特におすすめなのがヒト型セラミドで、これは元々人間に備わっているセラミドの種類です。
高い浸透性を持っており、お肌にも馴染みやすく、低刺激なのも敏感肌には嬉しい所でしょう。

 

またパラベンやアルコール、合成香料や着色料、合成界面活性剤などは敏感肌の顔の保湿には適さない成分です。
注意したほうが良いですね。
無添加の保湿成分を顔に補うことが敏感肌には必要です。

 

肌バリアが低下する原因は、間違ったスキンケアを長年続けてきた結果や、偏った食生活、季節の変わり目やストレスなどがあります。
この中でも特にやりがち、間違った顔の保湿によって敏感肌になってしまうことが多いようですよ。
保湿が足りていない、力を入れ過ぎていた、お肌を何度も洗い過ぎていたなどがあります。

 

敏感肌はその名の通り肌が敏感になっている状態です。
ですから洗顔時のごしごし洗いは禁物、過度なマッサージは避けるべきでしょう。
水の温度も、ぬるま湯程度、手を触れて若干冷たいと思うレベルの温度が良いですね。
更に敏感肌の女性は角質層が薄いので、お肌の水分が逃げやすっくなっており、乾燥しやすい状態です。
お肌が乾燥するとますます外部からの刺激をお肌が受けやすくなりますから、顔の保湿は徹底しておきましょう。

 

【関連記事】⇒顔の乾燥肌対策には保湿クリームが必須

関連ページ

顔の乾燥肌対策には保湿クリームが必須
乾燥肌対策として顔にクリームを塗るのは最適な方法です。ではどんなクリームを顔に塗れば乾燥肌対策になるのでしょうか?
乾燥肌対策として改善できる食べ物を厳選!
乾燥肌対策で良いと言われている食べ物は積極的に食べたいものです。どのような食べ物が乾燥肌対策として有効なのでしょうか?
何故乾燥肌になってしまうのか?その原因とは
乾燥肌になってしまう原因は一体何なのでしょう。原因として考えられることはやはり体質なのでしょうか?乾燥肌になる原因を考えてみましょう。
20代の乾燥肌のスキンケアにはどんなものを使うと良いのか
20代で乾燥肌の人はどんなスキンケアを行えば良いのでしょうか?20代で既に乾燥肌に悩んでいる人は、スキンケアの方法も考える必要がありますね。
30代の乾燥肌に有効なスキンケアとは?
乾燥肌で30代女性はどんなスキンケアが望ましいのでしょうか?30代ともなるとお肌の曲がり角にさしかかっていますね。スキンケアで乾燥肌を改善しましょう。
40代の乾燥肌にはどんなスキンケアが有効か?
40代の乾燥肌のスキンケアにはどうすればモチモチ肌に戻すことができるのでしょうか。40代ともなればスキンケアにも手を抜きがちですが、乾燥肌の女性はしっかりスキンケアを行いましょう。
男の顔の保湿に気を付けるべきこととは?
顔を保湿するのは女性だけではありません。男性でもお肌が乾燥し、顔の保湿をしたいと思っている人もいるでしょう。では男性が顔の保湿をする際に気を付けるべきこととは何があるでしょうか。
皮膚科で処方される保湿クリームはどんな効果が?
保湿クリームを皮膚科で処方されたのだけれど、市販品とどう違うのでしょうか?やはり皮膚科で処方された保湿クリームのほうがメリットが大きいのでしょうか。
40代で保湿化粧水を選ぶならどのように選ぶべき?
40代で保湿化粧水を選ぶ際にはどの点に注意して選ぶのが正しいのでしょうか?40代と言えば更年期にも差し掛かりますし、保湿のための化粧水選びにも慎重になりますね。
エイジングと保湿が同時にできるクリームはある?
エイジングもできて、保湿もできるクリームで、40代で選ぶべきものはある?どうせならアンチエイジングと共に保湿できるクリームで40代で手ごろなものがあれば良いですね。
働きたい40代女性に保湿できるファンデーションはあるのか
40代でもまだまだキャリアウーマンという女性も多い昨今、保湿力の高いファンデーションはあるのでしょうか。40代という年齢もあり、やはりファンデーションでも保湿を求めたいものです。
保湿力がカギ?アトピーでも石鹸でお肌は潤うのか
アトピー肌でも保湿はやはり大切なものです。そんなアトピー肌でもお肌を潤すことができる石鹸はあるのでしょうか?保湿力が高い石鹸を探してみましょう。